狂言『蚊相撲』あらすじ

新しい家来を雇おうと考えた大名は太郎冠者を探しにやります。

往来の多い街道で、新しい家来を求める太郎冠者の前に、一人の男が名乗り出ます。男は、実は、蚊の精で、人間の血をたらふく吸ってやろうと考えていたのです。

太郎冠者が男を連れて戻ると、大名は喜び、男と相撲と取ることになりますが、
血を吸われると力が抜け、負けてしまいます。

次の勝負は、男の正体を察した大名が蚊の嫌いな風を送って勝つことができましたが・・・。

 
 
 
 
 

掲載内容の転用・転載は禁じられています。


Copyright © 中央区能に親しむ会, Hiroshi Nakamura 観世流能楽師 中村裕 & PROSPERITI Co., Ltd. プロスペリティ株式会社 All Rights Reserved.