能『小鍛冶』 あらすじ

| あらすじ | 背景 | 登場人物・キャスト・装束 |

能『小鍛冶』(こかじ) まとめ

    • 五番目物、切能物、働物。
    • 平安時代に実在した京都の刀匠にまつわる話。
    • 天皇*1の命により、勅使の橘道成が、刀匠として名高い三条*2小鍛冶宗近*3を訪れ、剣を打つよう命じる。
      しかし、刀は一人で打つことができないため、相槌*4がいない宗近は困り果てる。
    • 誰の助けを借りて天皇に献上する御剣を完成させるのか。
    • 二場で構成されて、キレのある舞や快活な謡など、前半も後半も見どころが多い。
    • 装束・面・冠り物にも注目

    能『小鍛冶』 あらすじ

    三条の小鍛冶宗近(ツレ)は、剣を打って奉納せよという勅命を受けますが、しかるべき相槌(あいづち)の人がいないことに困り、稲荷の明神*5に祈願に出かけます。

    すると、気高い童子(前シテ)が現れ、童子は激励の言葉をかけ、中国と日本の伝統の引き剣の徳*6を詳しく語ります。そして、心配なく準備にかかって大丈夫だと言い、姿を消します。

    (中入) 宗近が帰宅し、用意を整えて待つと、霊狐が現れて相槌を務め、名剣*7子狐丸(こぎつねまる)*8が仕上がり、また、叢雲(むらくも)*9に飛び乗り、東山稲荷*5の峯に帰ります。

    *1 いちじょうてんのう
    一条天皇

    平安時代中期の第66代天皇 (980? – 1011)。
    在位は、986年より1011年。

    母は藤原兼家の娘。

    世の中の安寧を願う日々を過ごしながら
    不思議な夢を見ました。
    新しく御剣を造り上げなさいという
    託宣※(たくせん)の夢でした。
    ※ 神が夢に現れたりして意思を告げること。
    神託。

    *2 さんじょう
    三条

    現在の京都府東山区粟田口鍛冶町

    ウエスティン都ホテル京都の西隣あたり

    (参考)
    三条小鍛冶宗近古跡」京都市ホームページ

    *3 こかじ むねちか
    小鍛冶宗近

    平安時代の刀匠 (生年不詳)

    宗近作とされる作品の中には
    徳川宗家に伝わる
    国宝の太刀などもあります。

    *4 あいづち
    相槌
    現代の日常生活では、
    相手の話にうなずいて
    巧みに調子を合わせることを意味しますが
    ここでは、鍛冶 において、
    二人の職人が交互に
    槌や鎚を
    打ち合わすこと、
    あいのつちを意味します。
    鎚は金属のハンマー。 

    (参考)
    相槌稲荷神社参道」京都市ホームページ
    宗近の私邸とされる場所にとても近い。

    *5 いなり
    稲荷の明神
    京都府京都市伏見区深草にある
    伏見稲荷大社。 

    詞章にある「稲荷」や
    「東山稲荷」は
    伏見稲荷大社を指します。

    日本全国に約3万あると言われる
    稲荷神社の総本宮。
    社殿と同じ朱(赤)色の
    千本鳥居も有名。

    大祭神である稲荷神は
    稲を象徴する穀霊神・農耕神。
    宗近が信仰していた。

    もともとは「稲成り」だったものが
    稲を荷なう神像の姿から
    後に「稲荷」の字が
    当てられたとされる。

    狐は、稲荷神社の眷属(けんぞく)※とされる。
    ※眷属 一族。親族。郎党。従者。

    (参考)
    伏見稲荷大社」公式ホームページ

    *6 とく
    めぐみ。恩恵。(神仏などの)ご加護。 

    引き剣の徳として挙げられる
    日本と中国の例も豪華です。
    聞き逃さないようにして
    ご覧下さい。

    *7 名剣 天皇をお守りする
    御剣として献上されました。
    *8 こぎつねまる
    小狐丸
    霊狐が相槌を務めた御剣は
    表に「小鍛冶宗近」、
    裏に「子狐」と打ちました。
    *9 むらくも
    叢雲
    群がり集まった雲。

    能『小鍛冶』 背景

    作者 不明
    題材 不明
    一条天皇(平安時代)の
    頃の話
    場面 京都 三条 小鍛冶宗近の私邸
    京都 伏見稲荷大明神
    季節
    (旧暦11月 冬至を含む月)
    [不定とされる場合もある]
    分類  五番目物 切能物、働物

    能『小鍛冶』登場人物・キャスト・装束

    能『弱法師』後シテ シテ方観世流能楽師 中村 裕

    | シテ | ワキ | ワキツレ |

    シテ  装束・面
      前シテ
    童子
    後シテ
    稲荷明神
    冠り物    輪冠 

    こたい
    狐戴

    仮髪  黒頭 

    黒地金緞鉢巻

    赤頭 

    赤地金緞鉢巻

    能面 童子
    または
    慈童
    ことびで
    小飛出
    上着 水衣 法被
     着付 紅入縫箔 

    襟 –
    白・赤
    または
    白・浅黄

    縫入腰帯

    紅入段厚板 

    襟 –

    または
    縹色

    繍紋腰帯

    袴/
    裳着
      半切
    童扇  
     小道具  

    ワキ  装束
      前ワキ
    三条宗近
    後ワキ
    三条宗近
    冠り物  士烏帽子  風折烏帽子
    仮髪  なし なし
    能面  なし なし
    上着    
     着付 厚板
    掛直垂 

    襟 – 縹色

    繍紋腰帯

    厚板
    長絹
    (直垂上下にも) 

    襟 – 縹色

    繍紋腰帯

    袴/
    裳着
     白大口  白大口
    男扇  男扇
     小道具  小刀 小刀

    ワキツレ  装束
      ワキツレ
    勅使 (橘道成)
     
    冠り物  洞烏帽子  
    仮髪  なし  
    能面  なし  
    上着    
     着付 厚板
    袷狩衣 

    襟 – 浅黄または紺

    繍紋腰帯

     
    袴/
    裳着
     白大口  
    男扇  
     小道具 なし  

    作物
    作物 中連結一畳台

    鉄床

    刀身

    出典 観世流謡曲百番集


    参考

    『小鍛冶』- 耕漁『能楽図絵』前半 上(松木平吉, 1901)
    (→ 「国立国会図書館デジタルコレクション」)

    『小鍛冶』12 ― 耕漁『能楽百番』及び 他の作品
    (→ 「文化デジタルライブラリー」)
    (運営 独立行政法人日本芸術文化振興会)

    掲載内容の転用・転載は禁じられています。


Copyright © 中央区能に親しむ会, Hiroshi Nakamura 観世流能楽師 中村裕 & PROSPERITI Co., Ltd. プロスペリティ株式会社 All Rights Reserved.