能『海士』 あらすじ

能『海士』 観世流能楽師 中村裕
能『海士』 観世流能楽師 中村裕

藤原の房前大臣(藤原不比等(大化の改新の中臣鎌足(のちの藤原)の二男)の二男)は
亡母の跡を尋ねて下ってきた志度浦(讃岐国(現在は香川県)志度湾)で、
海士の女から母が房前のために我が身を犠牲にして海中から
宝玉を取り返したことを聞かされます。
感動する房前に、女は自分こそ亡母の霊であると名乗り
後生の弔いを願って消え失せます。追善のさなか
母の霊は今日の功徳で成仏した姿を現し舞を舞ってみせるのでした。

窕(くつろぎ)の小書(こがき-特殊演出)は、舞が少し変わります。

能『海士』 能楽師 中村裕
能『海士』 能楽師 中村裕
能『海士』 能楽師 中村裕
能『海士』 能楽師 中村裕

撮影:前島写真店

掲載内容の転用・転載は禁じられています。


Copyright © 中央区能に親しむ会, Hiroshi Nakamura 観世流能楽師 中村裕 & PROSPERITI Co., Ltd. プロスペリティ株式会社 All Rights Reserved.